加藤八十助酒店

地酒・厳選ワイン・本格焼酎の販売サイト

                           

焼酎

鹿児島県伊佐市大口大田に鎮座する郡山八幡神社には、改修時に発見された焼酎にかかわることが記された木片があります。1559年(永禄2年)この神社の改修があり『座主(施主)がケチで焼酎を一度もふるまってくれず、とてもがっかりした』という内容が書かれた焼酎に関わる最も古い記録です。
◯海と大陸から伝えられたと考えられる蒸溜技術
◯気候風土が影響した育ちやすい農産物
この2つの要因が合わさり時代を経て、現在の焼酎づくりのスタイルに繋がっていると考えられます。
本格焼酎は国税庁指定49品目が使用原料として決められています。原料選び、一次・二次仕込み、単式蒸溜器を使用した蒸溜方法の違いなどから大変手間がかかります。出来上がった焼酎は、原料由来の香りや複雑な風味と個性がダイレクトに反映されやすくなります。製造過程を掘り下げて行く中で上質な原料の大切さに気付きテロワールの重要性を認識して蔵元が原料を育てたり、地域農業とのつながりを大切に考え高品質の原料をつくり、活かしその特徴を個性的に表現している焼酎が際立ちます。加藤八十助酒店ではこれら要素を踏まえて本格焼酎選びのお手伝いをさせていただきます。遠慮なく御相談くださいませ。

いも焼酎
甘味のある香り、やきいものような香り、オレンジや柑橘フルーツを思わせる香り。
いもの品種による、麹の種類による、テロワールの違いや、蔵元の考え方など...。

麦焼酎
香味シンプルにシャープなタイプと香ばしい麦の香味が広がるタイプ。そこに甘味の違いと後味のすっきり感が加わり、麦焼酎は本格焼酎の中でとても飲みやすきです...。

米焼酎
米と水が原料になり日本酒にも通じる香味が特徴の米焼酎です。 
蒸溜方法の違いや木樽などによる熟成方法の違い、また濾過方法の違いにより香味の表情が変わります...。

その他
本格焼酎は国税庁が指定する49品目の指定原料からつくることが認められています。意外な農産物や海産物も指定されています...。

焼酎 商品一覧

和食や中華・イタリアンなど、様々な料理がありますが、それぞれの料理にあったお酒があります。お店の方はお酒のセレクトまで忙しくて回らないと言うことがあるかも知れません。当店ではワインソムリエの資格を持つ店主が、ワインはもちろん日本酒・焼酎までそのお店に合ったお酒のセレクトをお手伝いできます。せひお気軽にご連絡ください。

あなたのプロフィールを送っていただくと店主があなたのイメージに合わせた2万円分のお酒のセット品をお送りします

これまで当店を利用して頂いたお客様のご意見やご感想を掲載しています。

Copyright© 加藤八十助酒店 , 2020 All Rights Reserved.